行き遅れBBA(ババア)は部下に積極的にまたがって性欲も処理してくれますww

すぺしゃるじーさん、チンジャオ娘さん、合作第2弾のテーマは・・・
行き遅れBBA(ババア)です!w

BBAと言われてますがまだ34歳でおっぱいも大きくて肉厚のデカ尻で
めちゃくちゃドスケベボディw

そんなムチムチのドスケベボディをパツパツスーツに無理矢理押し込んでる行き遅れババアw
タイトスーツがとにかくエロいww

それなのに会社では30過ぎたら行き遅れババア(BBA)なんて言われてしまう始末w
世知辛い世の中ww

でも・・・
そいつらは行き遅れBBA(ババア)の魅力に気が付いていないんですよ!w

行き遅れババアなんて言って近づこうとしないなんてマジでもったいないですw

行き遅れBBAはちょっと女扱いして、
ちょっと強引に迫れば身体を許す都合のいい女なんですw

会社では行き遅れババアと言われて煙たがられてるので
女性扱いされることに飢えてますし・・・

なにより、若いオスのち○ぽにとにかく飢えてますwww

だから、ちょっと酔わせて強引に迫れば
しゃぶってくれて、ヤらせてくれる、めちゃくちゃいい女なんですよww

そんなスケベな行き遅れババア(BBA)の魅力を余すことなく味わえるのが
今回の

【行き遅れBBA】

というエロ漫画なんですww

テクニック豊富な行き遅れババア(BBA)のエロい手コキ、フェラ、腰振りで
たっぷりヌいちゃいましょうww

すぺしゃるじーさん、チンジャオ娘さんと言えば
「人をダメにするチョイブス」
というヌケるエロ漫画をリリースされているので

今回の行き遅れBBAもヌケるのは間違いないですw
買って損ナシ!これは保証できますww

行き遅れババアにたっぷり抜いてもらいましょうww

行き遅れババア(BBA)、今まで独身なのが不思議なくらい爆乳でムチムチデカ尻でパツパツスーツでエロ過ぎるww

会社の主任、ものすごい爆乳でよく見りゃ美人なのに、行き遅れで34歳にしてまだ独身。
彼女を仕事のことで相談したいと食事に連れ出す。仕事がらみとあれば断ることもないだろう。

でも、仕事話はさらりと終わり酒を勧めて酔わせ、自分もそれなりに酔う。
そして、母性を引き出すように甘えモードを滲ませて彼女に接すれば、男に誘われることの無い三十路爆にゅう行き遅れBBAは、酒のせいもあって無防備になっていく。

酔いつぶれたフリをして彼女の部屋に転がり込む。

「教えてほしい。女の人の良さを。」と彼女が聞いたことの無いであろう言葉をかけてやる。

どう答えていいかわからず躊躇うばかりの三十路爆にゅう行き遅れBBA。
だから、続けざまに「主任ってすごく魅力的だよ。いいカラダしているじゃないか」と褒めちぎり、「頼みが、してほしいことが、ある」と彼女の目を見つめて囁くように言う。

当然「何なの?」と訊いてくる三十路爆にゅう行き遅れBBA。「おっぱいに顔をうずめたい」彼女は困惑するだろうが、時間の猶予など与えずそのままジャケット越しにも明らかな爆乳の真ん中にアタック。

そのまま母親に甘えるような子供のように振舞う。
たちまち乳房から発せられる快感に真に無防備化してしまう三十路爆にゅう行き遅れBBA。

彼女は胸の谷間にある男の頭を抱え込むようにしてしまう。
それが陥落した証拠。彼女の手をズボン超しにギンギンになっているモノへと誘えば、もうこちらがリードしなくてもそこを擦り、更にはもっと中へと手指を潜り込ませて直にモノを刺激しようとする。

彼女の股間の準備ができたことを確かめると、「いいよね」の一言だけでインサートすることを予告する。

仕事帰りのパンツスーツを脱ごうとする三十路爆にゅう行き遅れBBA。
でも、それを阻む。「そのままでいいよ」と言ってやる。いつも着ているスーツのままでの着衣セックス。

ついでにスクエアフレームのメガネも外させない。パンツは脱がなければならないが、身に着けていられる状態のものはそのままで彼女をいたぶってやるのだ。

カットソーとブラを爆乳の上まで捲り上げ、ブルンブルン揺れまくる爆乳を掴み取れば何度も何度も揉みまくり、下は腰を動かし続ける。

知性をイメージさせているメガネの奥に見えるその瞼はきつく閉じ涙を滲ませている。
喘ぎ声と肉と肉の衝突する音を聞きながら三十路爆にゅう行き遅れBBAの何年も乾いているだけだったかも知れない肉壺にたっぷり熱いものを注いでやる。

その後は全裸にして二回戦、三回戦と続けるが、終わった後に彼女に言うのだ。
「会社にこの服を着て来い」と。何食わぬ顔をして出社する。彼女はこちらの指示通り、あの夜のパンツスーツにカットソー。

もちろんスクエアのメガネも着けている。メールを送る。「そのスーツ、捨てちゃダメだよ。そのスーツを着るたび思い出してほしいんだ。燃えてたよな、あの夜」と。

もちろんディスプレイから目を離せなくなった三十路爆にゅう行き遅れBBAは顔を赤らめている。
着衣セックスした時のその服を着させる。それも会社に行く時の服だ。仕事中に思い出してしまう、これを着たままでいやらしいことに没頭していたのを。

勤務中に不謹慎な自分に恥ずかしくなる三十路爆にゅう行き遅れBBA。そんな女を眺めるのは、セックス後の楽しみの一つだ。

風邪をひいて家で休んでいると、家に主任がやってきました。
会社では30代の行き遅れBBAと言われていましたが、新入社員の僕にとっては、おっぱいも大きくて、デカ尻で一度は試してみたい相手でもありました。

主任がおかゆを作ってきてくれたので、食べ始めると、「ほかにしてほしいことがある?」と言い出しました。
食べ終わるころになると、「これでしょ?」僕をベットに押し倒し、パイ吊りを始めました。

主任のおっぱいは予想以上に弾力もあり、柔らかくてすぐに絶頂が押し寄せてきました。僕は主任の口の中に発射してしまいました。

主任が口元をティッシュで拭いていると、何だか久しぶりにムラムラとしてきたので、背後から抱き着きバックの体勢で挿入し始めました。

「ちょっと、ここまでは、いいって言ってないわよ…」「でも、主任のお○んこは準備OKって・・・」
「もう、これだから男って…、いいの?こんな行き遅れBBAでも…」
「僕は若い娘よりも、行き遅れBBAのほうが興奮しますよ」

そういいながら、いつも以上に張り切って腰を振り続けました。
普段は真面目で仕事一筋の主任が、僕の攻め立てにあえいでいるのを見ると興奮度合いが高まらずにはいられませんでした。

デカ尻で今まで経験してきた女性の中では、一番硬かったで、攻め立てがいがありました
普段はこの主任に叱られてばかりだったので、仕返しとばかりに波状攻撃をしまくると、「もう、ダメェ~、イクっ」ハメ潮まで吹きだしていました

30歳越えただけで行き遅れBBAと呼ばれるのはおなじ三十路として悔しいです。
30歳過ぎても性欲は増す女性が多いので田中くんはよく分かってるなと思いました。
お粥を作りに行く行動は、何が起こっても大丈夫と言う女心が上手く表現されてるなと感じました。
わざわざエロい下着を身に付けて看病しにいく行き遅れBBAは分かってるなと感心しました。

風邪で弱ってても密室で2人きりなら襲ってくれるのを分かってての行動なので、行き遅れBBAもやる気満々なのが伝わりました。
久しぶりのセックスで年下の若い肉棒を頬張ってから下の口でも頬張って感じてイクシーンは本当にリアルでエロく感じました。

若い子のセックスは力強くて少々乱暴なので、セカンドバージンには刺激が強すぎて理性が飛んでしまうほどセックスに溺れられると思うので行き遅れBBAが羨ましいなと思いました。
私もこんなセックスしてみたいと思いました。

新入社員の田中くんだからこそ行き遅れBBAを堪能できるんだなと思いました。

他の社員には当たり前になってる御局様なので、行き遅れBBAの魅力など分かるはずがないので。
その点田中くんは新入社員なので、行き遅れBBAの体型をしっかり目に焼き付けて襲ってやろうという欲望で上手く行き遅れBBAをいやらしい女に仕上げれたなと思います。

セカンドバージンでいやらしい体型の女を自分の好きに襲えるのが本当に羨ましく感じました。久しぶりに夫と欲望のままのセックスがしたいと思わせてくれた漫画でした。

ソフトSMに興味を持っていた新人の田中くん。しかし彼女にそんなこと言えば幻滅されて振られるかもしれない。
そこで行き遅れBBAに土下座して頼み込んでみるとSMルームを見るだけならという条件で了承をしてくれた。
早速、都内にあるSMルームのあるラブホテルに入る二人。壁にはX字枷、そして拘束椅子や手枷・足枷付きベッド。あまりの衝撃的な内容に興奮していく二人。
そして試してみたいと再び行き遅れBBAに頼み込む田中くん。
押しに負けた行き遅れBBAとのSMプレイが始まる。まずは下着姿になりX字枷へ。
「見るだけといいながらこんなスケベな下着を着けて・・・」とBBAにいう田中くん。そして電マで散々イカされるBBA。
ぐったりしたまま拘束椅子へ運ばれ、そこに固定された状態でさらに電マをクリトリスに固定された状態でフェラを強要される。
そして最後はベッドに運ばれ、手枷、足枷で拘束されて正常位で激しくハメられる。

夜の公園の公衆トイレにて。男子トイレの大便器の個室にて行き遅れBBAとハメまくる田中くん。
オシッコを見せて欲しいと頼み込んで小便器に放尿をする行き遅れBBA。何かに目覚めたようで大興奮してしまい、しまいには公園内で野外SEXに突入してしまう
。覗き野郎達の視線を感じて、最初は抵抗したが熱い視線に徐々に興奮してしまい最後までやりきってしまう。

見られる喜びに目覚めて潮を噴きながら激しくイッてしまうのだった。